グスタフクリムト「接吻」模写しました。

絵を描いている最中は無心になる。この境地に到達するまで疲れるくらい無駄に考えたり、
過去を思い出したりした。テレビで有名な歌手が、歌う時にどうしたら人びとが感動してくれるか、
悩んだ末、やはり無になることだ、と答えていた。私はもともと面倒くさいくらいあれやこれや考える。ゆいちゃん、考えすぎだよ、と注意されるくらい、物事を追求するのも好き。でもやめやめ。答えなんて出ないことが多いんだから。ご注文をいただき、このクリムトの絵は夢中で無心になり描きました。周りの反応も良い感じです。


Follow me!

前の記事

20代の頃。

次の記事

表現の自由